子ども食堂と飲食店運営の考察ブログ

給食会社で人材育成を担当している、3児の父です。子ども食堂を月に1回、神奈川県の川崎市で運営しています。子ども食堂の運営、飲食店での独立を考察しつつ、食についてお伝えしてまいります。

2019年10月 子ども食堂実施報告 ジューシーメンチカツ

関連記事はこちら 

www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work

子ども食堂準備開始

今日も14時半から料理開始です。

今日はスタッフが少々少な目。

段取りよく、皆で準備を進めていきます。

今日のメインはジューシーメンチカツ

メニューはこちらです。

  • ジューシーメンチカツ
  • 大根と人参の和風サラダ
  • みそ汁
  • ご飯
  • ハロウィンのおかし

揚げ物嫌いな子どもってあんまりいないですよね。

僕は小さい頃は揚げ物大好きでした。

ご飯いっぱい食べちゃう。

メンチカツだったら何杯食べれただろう。

今は食べられなくなりましたけど、あの頃は2~3杯は軽く食べていたんじゃないでしょうか。

今日のメンチカツはこっそりと野菜を多めに入れて、だけどジューシーさをしっかり味わえる工夫をして作成した一品です。

作り方はこちら。

www.ariponyukihiro.work

大根と人参の和風サラダは大根と人参をピーラーで剥いて食べやすく&作業軽減。

シラスをごま油で炒めて風味よくしてみました。

お味噌汁は玉ねぎと油揚げ。

ハロウィンのお菓子の詰め合わせもお配りします。 

毎回のレシピ作りのポイント4つ

  •  手間暇かけていること
  •  大人も子供も「おいしい」と感じること
  •  季節を感じること
  •  衛生上問題ないこと           

詳細はこちらに記載しています。

ご覧いただけるとうれしいです。

www.ariponyukihiro.work

作成風景

メンチカツに入れる麩です。

粉々に砕いて、メンチの肉汁を封じ込めるために入れています。

f:id:aripon214:20191016212326j:image

こちらはれんこんのみじん切り。

すごく細かく切っています。

f:id:aripon214:20191016212336j:image

こちらはコンソメスープをゼラチンで固めたコンソメゼリー。

これを粗みじん切りにして、メンチに混ぜ込みます。

これがジューシーの秘密。

f:id:aripon214:20191016212348j:image

肉や野菜等を混ぜ合わせ、メンチを作成していきます。

180個。

1個だいたい50gのものを180個、流れ作業で手分けして作成します。

皆さん熟練ですので慣れたものです。

f:id:aripon214:20191016212410j:image

パン粉つけて油で揚げました。

f:id:aripon214:20191016212422j:image

こちらはシラスです。

ごま油で炒めました。

f:id:aripon214:20191016212359j:image

ハロウィンのお菓子。

いろいろ詰め合わせます。

f:id:aripon214:20191016212435j:image

これはみそ汁。

10Lくらい作ります。

いつもおかわりがきます。

f:id:aripon214:20191016212447j:image

出来上がり

ジューシーメンチカツ、盛り付けました。

f:id:aripon214:20191016212501j:image

 全体写真です。

f:id:aripon214:20191016212309j:image

結果

今日はバタバタしっぱなしでした。

準備も少々滞りましたし。

ただ、揚げたてで提供できたので、いつもより熱々でよかったかなぁ。

ご利用者さま数は、85名様にお越しいただくことができました。

いつもありがとうございます!

 

次回はまた来月、

メニューは隠れきの子のコロッケです。

www.ariponyukihiro.work

また、心を込めて作ります。

 

↓私たちが運営している子ども食堂です。

毎月第3水曜日に 実施しています。

ランキング参加しております。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング