子ども食堂と飲食店運営の考察ブログ

給食会社で人材育成を担当している、3児の父です。子ども食堂を月に1回、神奈川県の川崎市で運営しています。子ども食堂の運営、飲食店での独立を考察しつつ、食についてお伝えしてまいります。

2019年9月 子ども食堂実施報告 本格シーフードカレー

関連記事はこちら 

www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work

子ども食堂準備開始

今日も14時半から作成スタートです。

大学生のボランティアの2人が参加してくれています。

大学のゼミで子ども食堂の実施をしているとのことで、勉強にいらっしゃいました。

彼らの勉強になるように、持って帰ることができるものがあるように、まずは手洗いの正しい方法から伝えていきます。

正しい手洗いって難しいんです。

2度手洗いをしっかり実施し、マスクを着けて料理作り開始です。

今日のメインは本格シーフードカレー

メニューはこちらです。

  • シーフードカレー
  • 秋野菜のサラダ
  • コンソメスープ

カレーは家庭の定番中の定番料理です

うちはひき肉とか、うちは豚肉とか、うちはトマト味とか、各家庭でそれぞれの味があると思います。

ただ、なかなかシーフードのカレーは作らないのではないかと。

海老とあさりの出汁をふんだんに使った本格的なシーフードカレーを提供します。

作り方はこちらです。

www.ariponyukihiro.work

そして、残暑の今とこれから始まる秋の素材、さつま芋やかぼちゃ、茄子などを使用したサラダです。

ドレッシングはマーマレードジャムを使用した手作りです。

スープはシンプルにベーコンと玉ねぎのコンソメスープ。

毎回のレシピ作りのポイント4つ

  •  手間暇かけていること
  •  大人も子供も「おいしい」と感じること
  •  季節を感じること
  •  衛生上問題ないこと           

詳細はこちらに記載しています。

ご覧いただけるとうれしいです。

www.ariponyukihiro.work

作成風景

ボランティアさんは毎回10名以上参加しています。

皆さん心優しい方々ばかり。

料理作りはさすがです、皆さんテキパキとあっという間に仕上げちゃいます。

f:id:aripon214:20190920135317j:image

大学生の2人に玉ねぎを切ってもらいました。

普段はあまり料理をしないとのこと。

指を切らないように、ただサラダ用の玉ねぎなので薄く切ってとリクエスト。

頑張って切ってくれました。

ありがとう!

f:id:aripon214:20190920135339j:image

こちらはうま味を引き出したシーフードの面々と茄子。

f:id:aripon214:20190920135355j:image

玉ねぎを5㎏、あめ色になるまで炒めます。

1時間30分ほど炒めました。

量が多いので鍋2つ使って作ります。

f:id:aripon214:20190920135410j:image

アルゼンチン赤海老を使用します。

殻と身を分け、殻を鍋で炒めていきます。

量が多いので旨味も抜群です。

f:id:aripon214:20190920135425j:image

海老の殻と頭を炒め、水分が飛んだところで白ワインを投入。

水も足し、旨味を引き出した海老の出し汁です。

香りがすごい!

f:id:aripon214:20190920135439j:image

炒めた玉ねぎと、海老、アサリ、イカ等の煮汁を合わせて大鍋で加熱していきます。

ブーケガルニを入れて香草の香りを追加。

トマト缶もたっぷり入れて、これだけでも美味しいスープです。

f:id:aripon214:20190920135456j:image

よく煮込んでからカレー粉を入れます。

さらに煮込んで一体感を醸成。

f:id:aripon214:20190920135514j:image

提供17時30分に向け、サラダを盛り付けます。

オープンと当時に満席になりますので、提供が滞りなくいくように準備は欠かせません。

 f:id:aripon214:20190920135530j:image

ドレッシングはマーマレード、塩、酢、オリーブオイルで手作りです。

f:id:aripon214:20190920135545j:image

出来上がり

本格シーフードカレーです。

f:id:aripon214:20190920135615j:image

 こちらは秋野菜のサラダ。

f:id:aripon214:20190920135627j:image

全体写真です。

みんな食べてくれるかしら。

f:id:aripon214:20190920135642j:image

子共たちの声

「これ食べた後の入れ物ください。」

アサリの殻入れが欲しかったようでした。

急いでお持ちしました。

食べにくいもんね。

シーフードカレーって大人向きかと思って少々心配だったのですが、残食もなくみんな食べてくれました。

嬉しい限りです。

「おいしかった~」

この声でどれだけ癒されることか。

「おかわりくださ~い」

いっぱい食べて大きくなってほしい。

そして、お母さんたちの月に一度の安らぎの場になっていれば幸いです。

 

ご利用者さま数は、今日は雨ということもありましたが48名様にお越しいただくことができました。

有難いことです。

食べに来ていただいた皆様、雨の中ありがとうございました。

 

次回はまた来月、

メニューはジューシーメンチカツです。

また、心を込めて作ります。

 

↓私たちが運営している子ども食堂です。

毎月第3水曜日に 実施しています。

ランキング参加しております。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング