カレー工房 和KAZUの運営とこども食堂の考察ブログ

2020年2月~川崎の溝口、ノクチラボでカレー工房 和KAZUを運営しています。こども食堂を月に1回、川崎のプラザ橘で運営しています。間借りカレーとこども食堂の運営をお伝えしてまいります。

5月子ども食堂実施報告 酸っぱくない酢豚とキャベツの塩昆布

 最近の記事はこちら

www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work

 

2022年5月 子ども食堂実施報告

今回もお弁当配布。

80食作成です。

コロナが当たり前になりつつあります。

メニューはこちらです。

  • 酸っぱくない酢豚
  • キャベツの塩昆布
  • ごはん

地元の竹の子がこの時期手に入りますので、それを使って酢豚です。

酸っぱいと子どもが食べにくいとも思うので、酸っぱくないように仕上げました。

酢は使用していますが、肉の下味に入れて柔らかくしてみようと試みた感じです。

それでは調理開始です。

毎回のレシピ作りのポイント4つ

  •  手間暇かけていること
  •  大人も子供も「おいしい」と感じること
  •  季節を感じること
  •  衛生上問題ないこと           

詳細はこちらに記載しています。

ご覧いただけるとうれしいです。

www.ariponyukihiro.work

作成風景

玉ねぎを炒めて、スープや調味料を入れていきます。

f:id:aripon214:20220518182246j:image

地元の竹の子です。

食感がいいですね。

f:id:aripon214:20220518182237j:image

人参は乱切りにして下茹でしときました。

f:id:aripon214:20220518182229j:image

下味をつけた豚肉を揚げていきます。

f:id:aripon214:20220518182217j:image

いっぱい揚げました。

f:id:aripon214:20220518182209j:image

こちらはキャベツの塩昆布。

f:id:aripon214:20220518182157j:image

 

お花も届きました。

お配りしていきます。

f:id:aripon214:20220518182149j:image

出来上がった酢豚です。

f:id:aripon214:20220518182140j:image

こちらも、仕上げにおかかを混ぜて旨味アップ。

f:id:aripon214:20220518182132j:image

 

お弁当の盛り付けです。

f:id:aripon214:20220518182120j:image

 

皆様毎回お越しいただけることに感謝です。

来月はとんかつ。

 

東京新聞に掲載されました。

www.ariponyukihiro.work

 

↓私たちが運営している子ども食堂です。

毎月第3水曜日に 実施しています。