子ども食堂と飲食店運営の考察ブログ

給食会社で人材育成を担当している、3児の父です。子ども食堂を月に1回、神奈川県の川崎市で運営しています。子ども食堂の運営、飲食店での独立を考察しつつ、食についてお伝えしてまいります。

川崎 これぞ洋食屋さんのカレー 柔らか牛タン中辛カレー 「信州エルム」

関連記事はこちら

www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work

信州エルム

今日は川崎にきました。

カレーを毎週作っています。

原価100円で子どもも大人もおいしいと感じるカレーを作成したい

スパイシーにすると子どもは食べられなくなりますので、欧風カレーで家ではなかなか出せないような仕上がりにしたいと考えています。

そこで今日は本格的な洋食屋さんで勉強です。

こちらが入口です。

川崎駅から徒歩10分ほど。

入口付近は木が茂っています。 

f:id:aripon214:20191018132403j:image

お店の前には立て看板があります。

だいぶねんきが入っています。

f:id:aripon214:20191018132626j:image

じゃぶじゃぶもあるのでしょうか。

とにかく入ってみます。

少々薄暗い店内

店内は少々暗め。

店員さん、店主の奥さんでしょうか、あんまり感じはよくないです。

f:id:aripon214:20191018132615j:image

昔ながらな感じがよくでているのではないでしょうか。

こちらがメニューです。

ライスがなくなり次第ランチ終了です! 

なんと!

追加で炊かないんですね。

強気です。

f:id:aripon214:20191018132547j:image

 ルゥから手作り辛口カレー、これの勉強です。

洋食屋さんのカレーって濃厚なんですよね。

楽しみ。

一番上にある牛タンカレーにします。

f:id:aripon214:20191018132530j:image

まず、サラダが到着しました。

いたってシンプル。

f:id:aripon214:20191018132510j:image

他にお客さんいないのかなぁと思っていたら奥の方に3人さんいらっしゃいました。

店内はL字のようになっており、死角があります。

隠れ家のような感じです。

あとからお客さんが一人、常連さんかと思いますが、「ご飯まだある?」と聞いていました。

やはり、ご飯がなくなるとランチ終了なんですね。

そうこうしているうちにカレーが来ました。

牛タンカレー(1100円)

見るからに濃厚な色。

付け合わせにはキャベツを茹でたものと、真っ赤な福神漬け。

盛り映えとかは考えてない感じです。

味で勝負!

f:id:aripon214:20191018132448j:image

 角切りの牛タンをアップ。

f:id:aripon214:20191018132440j:image

牛タンはホロホロです。

切らずに大きいままで、スプーンで食べてもらってもいいかもしれません。

すぐに崩れてしまうくらいの柔かさ。

そしてカレーは深いですね。

デミグラスソースのようなカレーです。

おそらくこの方向が、大人も子どもも好きなカレーだと思います。

ただ辛いので辛さは抜かないといけません。

カレーがご飯と絡む濃度がちょうどいい。

サラサラカレーは子どもの印象とちょっと違うかなぁと。

牛タンだと価格が合いませんので、どうするか。

ビーフカレーにしたい、工夫します。

お味噌汁も来ました。

有り難いです。

少々煮詰まっていましたが、まあいいか。

f:id:aripon214:20191018132426j:image

食後のコーヒーです。

嬉しいですね。

f:id:aripon214:20191018132417j:image

飲食店運営考察

常連さんには居心地がいいです。

ゆっくりできます。

照明は暗めですし、音楽も静かな感じ。

料理もおいしかったです。

店舗紹介

店名 信州 エルム
住所 神奈川県川崎市川崎区小川町16−4
電話番号 0120-09-1332
営業時間 ランチ[火~土] 11:30~14:00(L.O13:40)
ディナー[火~土] 17:00~26:00頃
ディナー[日・祝・月] 17:00~22:30頃
店休日 なし

おすすめ度

☆☆☆☆

 

ランキング参加しております。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング