カレー工房 和KAZUの運営とこども食堂の考察ブログ

2020年2月~川崎の溝口、ノクチラボでカレー工房 和KAZUを運営しています。こども食堂を月に1回、川崎のプラザ橘で運営しています。間借りカレーとこども食堂の運営をお伝えしてまいります。

武蔵溝口 ノクチラボに新規出店 「カレー工房 和KAZU 」 おすすめトッピング①

カレー工房 和KAZU の過去記事はこちら

www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work

おすすめトッピング①

今回はおすすめのトッピングの紹介です。

カレーはまごわやさしいカレーです。

まごわやさしい、から始まる食材、豆、ごま…を毎日食べると健康でいられると言われています。

まごわやさしいから始まる食材が入ったカレー、それに合うトッピングをご用意しました。

  • しゅんでる大根煮
  • コク旨ビーフ
  • 竹の子と紫玉ねぎのマリネ

この3つをお伝えしていきます。

しゅんでる大根煮

f:id:aripon214:20200218221948j:image

鶏、牛、煮干し、昆布や香味野菜でとった出汁でコトコト炊いた大根。

味がよく染みてます。

味がよく染みてる=しゅんでる。

冬場の大根は本当おいしいですよね。

そして柔らかい。

カレーを食べるスプーンですくって食べられるように、柔らかく煮込んだしゅんでる大根煮、おすすめです。

夏場はしゅんでる何にしようかなぁ。

コク旨ビーフ

f:id:aripon214:20200221214756j:image

ビーフカレーには国産の牛スネです。

バラ肉を使うお店が多いですが、コラーゲン豊富な煮込んでホロホロのスネ肉を使用しています。

じっくり煮込むことで旨味がスープに溶け込みカレーのおいしさアップです。

脂肪も少ないですので、さっぱりと食べられます。

ぜひご賞味いただきたい一品です。

竹の子と紫玉ねぎのマリネ

f:id:aripon214:20200221214819j:image

旬の野菜をたくさん食べていただきたい。

日本の旬の野菜に合うように、和の食材をたくさん使って、昔馴染みの和風な食べやすいカレーに仕上げました。

野菜はシンプルな味付けにし、旬の素材を使って季節ごとに提案したいと思っています。

今回は竹の子。

春は竹の子。

彩りに紫玉ねぎを合わせました。

食感の良さがいいですよ。

 

 

次回は、おすすめトッピング②についてです。

 

 

カレー工房 和KAZU 

LINE公式アカウントです。

友達登録お願いいたします。

f:id:aripon214:20200211165013p:plainf:id:aripon214:20200211164613j:plain

↓をクリック

友だち追加

  

 ↓私たちが運営している子ども食堂です。

川崎のプラザ橘で、毎月第3水曜日に 実施しています。