子ども食堂と飲食店運営の考察ブログ

給食会社で人材育成を担当している、3児の父です。子ども食堂を月に1回、神奈川県の川崎市で運営しています。子ども食堂の運営、飲食店での独立を考察しつつ、食についてお伝えしてまいります。

欧風スパイシーカレーライス ゴロゴロ牛肉 すごい食べ応え! 「川崎ステーキセンター」

今日は川崎にきました。

川崎は相変わらず人が多いですね。

家族連れやサラリーマンやら年配の方もたくさんいらっしゃいます。

お昼ご飯選びです。

最近はお肉料理に食べる方も作る方もはまっております

ステーキ、ハンバーグ、ビーフカレー、この3つです。

今日はビーフカレーをターゲットに街を散策しました。

なかなかカレー屋さんって無いもんですね。

フラーっと、ラチッタデッラの方にステーキの看板を発見したので近寄ってみました。

ちなみにラチッタデッラとはイタリアをテーマにした商業施設です。

川崎駅から徒歩5分ほどのところにあります。

lacittadella.co.jp

f:id:aripon214:20190909132909j:plain

なんか黒光りしていておいしそうなカレーを発見。

しかも限定25食の文字。

川崎ステーキセンター

どうやらステーキ、ハンバーグのお店のようです。

そしてカレーもやっている。

今の私にピッタリのお店。

  

こちらはステーキ関連記事です。

www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work

外観

f:id:aripon214:20190909132904j:plain

男のお店といった感があります。

ちょっとゴチャゴチャ貼ってあるので、整理整頓した方が言いたいことが伝わるのではないかといった感じです。

f:id:aripon214:20190909132856j:plain

半熟ステーキ

ちょっと不思議、どんな感じなんだろう、柔らかいのかしら。

鶏、豚、牛とハンバーグ、結構サイズもドンっとした感じでしょうか。

男心をそそります

店内

早速お店の中に入ります。

縦長のお店です。

カウンターのように10席ほどあり、奥の方に厨房があるようです。

f:id:aripon214:20190909132922j:plain

お昼時でしたが、席は結構空いている感じです。

カレーを食べている人が何人かいました。

カレーだから回転が速いのでしょうか。

ステーキやハンバーグを食べている方も見受けられました。

f:id:aripon214:20190909132942j:plain

ステーキ屋さんですからね。

目の前にはステーキ用に塩、胡椒、にんにく、わさび、特製ソースもあります。

特製ソースをちょっと味見してみましたが、お肉に合いそうなおいしい醤油ベースのソースでした。

メニュー

f:id:aripon214:20190909132949j:plain

見た目、肉肉しいハンバーグです。

f:id:aripon214:20190909132932j:plain

ランチはご飯が食べ放題のようです。

スープも付きます。

f:id:aripon214:20190909133008j:plain

これが、今日は25食限定で並盛が500円、大盛が600円です。

すごいお得。

f:id:aripon214:20190909132957j:plain

ステーキのしめにトッピングカレーってどういうことでしょうか。

ステーキにカレーをかけるってこと?

これまた男心をくすぐることを言います。

そして欧風カレーって何でしょうか?

どんな定義があるのか。

多くの人は、欧風カレーと聞くとホテルのレストランで食べるようなカレーやマイルドなカレーを想像するかもしれません。欧風カレーを言葉通り捉えるとヨーロッパのカレーですが、ヨーロッパを訪れてもそんなカレーにはなかなか出会えません。欧風カレーという言葉は日本生まれです。あるカレー専門店が、スパイスがしっかりと効いた、それでいてまろやかなカレーを欧風カレーと呼び始めたことに由来するという説が有力です。

定義ではないですがこういったイメージの物のようです。

  • インド経由のカレー    本格的なスパイシーなカレー
  • ヨーロッパ経由のカレー  昔なじみの日本の家庭のカレー

こんな分け方でしょうか。

料理

頼んだらすぐに出てきます。

待ち時間3分くらいでしょうか。

店員さんもすごくテキパキ。

f:id:aripon214:20190909132845j:plain

ルーが皿になみなみと盛られています。

大盛頼みましたからね。

ダイエットをしているつもりなのですが、ついつい大盛にしちゃいました。

そしてこの肉の量。

大きなお肉がゴロゴロと盛られています。

一口パクリ。

本格的なカレーです。

野菜の甘味が十分にあり、牛肉のうま味も口いっぱいに広がります。

さすがステーキ屋さんのビーフカレーといったところでしょうか。

肉を食べるカレーですね。

f:id:aripon214:20190909133017j:plain

このお肉のゴロゴロ度合い。

しっかり煮込まれており、柔らかいけどしっかり肉感があります

とろけるような感じではなく、しっかりお肉です。

そして塩分がそこまで強くないのもいいです。

塩分を強めにしているカレーを出すお店もあるんですが、苦手です。

すぐに水を口に含めなければならず、食べ終わった後に水でお腹がふくれてつらくなるんですよね。

このカレーにはそれはありません。

おいしい。

大盛でもペロリです。

飲食店運営考察

自分のお店がどういうお店で、だからこの料理を出しているんだ、がちゃんとわかっているお店でした

たぶん、このお店はどの料理もおいしいし、おいしくしようと思っていると思います。

ただ、男のためのお店ですね。

女性客はほとんどなく、男のためのお店。

ターゲットをちゃんとしぼって運営なさっているんだと感じます。

店舗紹介

店名 川崎ステーキセンター
住所 神奈川県川崎市川崎区小川町2−11
電話番号 044-201-1222
営業時間 11:00~23:30
17:00~23:00(日曜日のみ)
店休日 なし
HP なし

おすすめ度

 ☆☆☆☆☆

 

ランキング参加しております。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング