子ども食堂と飲食店運営の考察ブログ

給食会社で人材育成を担当している、3児の父です。子ども食堂を月に1回、神奈川県の川崎市で運営しています。子ども食堂の運営、飲食店での独立を考察しつつ、食についてお伝えしてまいります。

子ども食堂レシピ「簡単!リンゴとバナナのフワフワホットケーキ」

料理の思い

我が家ではおやつにホットケーキをよく作ります。

簡単で子どもたちが喜ぶ。

ところでホットケーキって誰が名付けていつからあるのでしょうか。

こちらにわかりやすい記事がありました。

www.pancake-house.jp

日本では明治に紹介され、大正に提供され始める

1884年に雑誌で「パンケーキ」とはどんなものか紹介され、1923年に東京のデパートの食堂で「ハットケーキ」という名前で出されたのが始まりと言われています。そして1931年には「暖かいケーキだからホットケーキ」と名付けられ、ホーム食品から「ホットケーキミックス」が発売されました。 その後発売されて人気を博した「森永ホットケーキの素」は甘いものであったため、日本では長年ホットケーキは甘いものとして浸透しています。

 

名付け親はわからないですけど、これだけ浸透しているってすごいですよね。

温かく提供したいけど、子ども食堂では来てくれる人数も多いでしょうし、来るタイミングもまちまち、冷めてもしっとりおいしくてフワフワのホットケーキの紹介です。

出来上がり写真

仕上がりはこんな感じです。

f:id:aripon214:20191014165640j:plain

粉糖ふると見た目がいいですね。

子ども食堂レシピのこだわり

  •  手間暇かけていること
  •  大人も子供も「おいしい」と感じること
  •  季節を感じること
  •  衛生上問題ないこと           

詳細はこちらに記載しています。

ご覧いただけるとうれしいです。

www.ariponyukihiro.work

材料・分量 (10人前)

  • リンゴ        1個
  • シナモン       0.5g
  • バター        10g
  • バナナ        2本
  • ホットケーキミックス 200g
  • 牛乳         150cc
  • 卵          2個
  • バター        10g

作成方法

① リンゴをソテーします。

皮をむいて5mm幅のスライスにします。

フライパンにバターを入れ加熱し、リンゴを炒めます。

1~2分ほどたったらシナモンを振り、取り出します。

f:id:aripon214:20191014170246j:image

バナナは同様の大きさ、5㎜幅のスライスにします。

② メレンゲを作成します。

卵の黄身と白身をわけ、白身を泡立てます。

角が立つ程度に、しっかり泡立てましょう! 

f:id:aripon214:20191014170346j:image

③ 種を作ります。

ボウルに卵黄、牛乳を入れてよく混ぜ合わせ、ホットケーキミックスを加えます。

混ざったら、ソテーしたリンゴ、カットしたバナナを加え、混ぜ合わせます。

f:id:aripon214:20191014170441j:image

 

f:id:aripon214:20191014170504j:image

メレンゲを混ぜ合わせます。

サックリ、気泡を残す気持ちで混ぜ合わせましょう!

f:id:aripon214:20191014170516j:image

泡を残しつつ混ぜ合わせた状態。

f:id:aripon214:20191014170531j:image

④ フライパンで焼いていきます。

バターを入れて溶かし、生地を流し込みます。

火は中火から弱火、裏返したら弱火で蓋をしてじっくり焼きます

f:id:aripon214:20191014170544j:image

周りから焼けてきます。

あと、底からフツフツ言ってきますので、確認出来たら裏返します。

 

f:id:aripon214:20191014170602j:image

ちょっと焼き過ぎました。

焼き過ぎた方は下にして盛り付けましょう!

 

f:id:aripon214:20191014170618j:image

こっちの方がいい色。

⑤ 切り分けます。

10人前なので10等分。

f:id:aripon214:20191014170633j:image

 ⑥ 器に盛り付け。

断面からバナナとリンゴが見えます。

f:id:aripon214:20191014170658j:image

 粉糖かけて出来上がりです。

f:id:aripon214:20191014170709j:image

 

粉糖かけるとケーキらしくなります。

まとめ

火は中火から弱火、裏返したら弱火で蓋をしてじっくり焼く!

じっくり時間をかけて焼くことで、バナナにも火が通り、甘さが増しておいしくなります。

ゆっくり焦らずお願いします。

 

 

ランキング参加しております。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

↓私たちが運営している子ども食堂です。

毎月第3水曜日に 実施しています。

過去記事です。

www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work