子ども食堂と飲食店運営の考察ブログ

給食会社で人材育成を担当している、3児の父です。子ども食堂を月に1回、神奈川県の川崎市で運営しています。子ども食堂の運営、飲食店での独立を考察しつつ、食についてお伝えしてまいります。

子ども食堂レシピ 「桜香る白玉ぜんざい」

最近の子ども食堂レシピはこちら

www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work

桜香る白玉ぜんざい

3月に提供予定のメニューです。

3月には桜が咲きますね。

待ち遠しい春

日本人は桜を愛で、それだけにはとどまらず、桜の花や葉を塩漬けにして食べちゃう。

愛しすぎ。

子どもにも知ってもらおうかと、白玉とあんこに混ぜました。

感じてくれるでしょうか。

子ども食堂レシピのこだわり

・手間暇かけていること

・大人も子供も「おいしい」と感じること

・季節を感じること

・衛生上問題ないこと

こんなことを意識しながらレシピ作りをしています。

詳細はこちらに記載しています。

www.ariponyukihiro.work

材料・分量(10人前) 

  •  白玉粉        200g
  •  水          170g
  •  粒あん        700g
  •  水          300g
  •  桜の花の塩漬け    50g

 作成方法

① 桜の花の下処理

桜の花の塩漬けの塩抜きをします。

花びらの部分と、がくの部分に分けます。

それぞれを水にさらして塩抜きし、それぞれをみじん切りにします。

花びらは白玉に、がくは粒あんに混ぜていきます。

f:id:aripon214:20200103154054j:imagef:id:aripon214:20200103154039j:image

f:id:aripon214:20200103154024j:imagef:id:aripon214:20200103153953j:image

f:id:aripon214:20200103153935j:image

 ② ぜんざいを作り

鍋に粒あん、水を入れて沸かします。

それだけ。

沸いたら刻んでおいた桜のがくのみじん切りを混ぜます

f:id:aripon214:20200103154127j:imagef:id:aripon214:20200103154140j:image

f:id:aripon214:20200103153923j:imagef:id:aripon214:20200103153913j:image

 ③ 桜入り白玉作り

白玉粉と水を混ぜ合わせます。

混ぜたらみじん切りにした桜の花びらを混ぜ込みます

少々硬めにして、桜を混ぜた後に水分の微調整をしましょう。

f:id:aripon214:20200103153856j:imagef:id:aripon214:20200103154006j:image

f:id:aripon214:20200103153848j:imagef:id:aripon214:20200103153839j:image

 ④ 白玉を茹でる

鍋に湯を沸かします。

沸騰したら、10gほどに平たく丸めた白玉を入れていきます。

茹で上がると浮いてきますので、水に取ります。

氷水に入れると固くなりますので、水で十分です。

f:id:aripon214:20200103153830j:imagef:id:aripon214:20200103153820j:image

f:id:aripon214:20200103153813j:image

 ⑤ 出来上がり

器に盛りつけて出来上がりです。

少し桜が見えるかな。

ほんのり、春を感じます。

f:id:aripon214:20200103153804j:image

 

 

 ↓私たちが運営している子ども食堂です。

毎月第3水曜日に 実施しています。

 

ランキング参加しております。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング