子ども食堂と飲食店運営の考察ブログ

給食会社で人材育成を担当している、3児の父です。子ども食堂を月に1回、神奈川県の川崎市で運営しています。子ども食堂の運営、飲食店での独立を考察しつつ、食についてお伝えしてまいります。

子ども食堂レシピ 冬を感じる手作り料理① 「ロールキャベツ」「大根と人参の和風サラダ」

関連記事はこちら 

www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work

 

↓私たちが運営している子ども食堂です。

毎月第3水曜日に 実施しています。

冬の子ども食堂レシピ

今回ご紹介する料理はこの2つです。

  • ロールキャベツ

  • 大根、人参の和風サラダ

冬は体を温めるものが食べたくなりますね。

鍋とか、あったかいスープとか。

こたつに入ってみかんもおいしい。

こたつに入っちゃうと出られなくなるんですよね。

昔、こたつで寝てたらよく母が毛布かけてくれました。

薄目で見えるんですよね。

母の「寝ちゃったか」と見てる表情が。

安心感。

ほっとする、温かみのある料理を追求したいですね。

 

今回は、家庭のほっとする冬の定番料理、なかなか野菜を食べないお子さんでも冬野菜をちゃんと食べる事ができるロールキャベツとサッパリした和風のサラダを紹介したいと思います。

ロールキャベツ

献立への思い

f:id:aripon214:20191012184033p:plain
スープはコンソメ仕立てで、ウィンナーを一緒に煮込むことで出汁の役割も担っていただきます。

人参、しいたけ、れんこんを食べて気づかないようにみじん切りにしてひき肉と混ぜてしまうことで、ちゃんと野菜も食べるようにしました。

材料・分量 (10人前)

  • キャベツ       0.5個
  • 合いびき肉      500g
  • 玉ねぎ        100g
  • たまご        1個
  • 牛乳         100cc
  • パン粉        50g
  • 塩・こしょう     3g
  • 人参         100g
  • しいたけ       3個
  • れんこん       100g
  • ウィンナー      10本
  • じゃが芋       200g
  • ブロッコリー     200g
  • 玉ねぎ        200g
  • コンソメ       20g
  • 水          1000cc

作成方法

下処理
  1. キャベツは芯をくりぬき、丸ごと茹でる。余ったキャベツはひき肉に混ぜ込んじゃいましょう!
  2. 玉ねぎはみじん切りにし、フライパンであめ色に炒める。
  3. 人参、しいたけ、れんこんはみじん切りにする。
  4. じゃが芋、玉ねぎは皮を剥き、一口大の乱切りにする。
  5. ブロッコリーは子房にわけ、硬めに茹でる
  6. ひき肉、あめ色玉ねぎ、みじん切りした野菜、卵、牛乳、パン粉、塩・こしょうを混ぜ合わせる。
  7. 茹でたキャベツで6を包む。
加熱工程~仕上げ
  1. 鍋にじゃが芋、玉ねぎ、ロールキャベツ、ウィンナー、水、コンソメを入れ加熱する。
  2. 味見をし、足りなければ塩を加える。
  3. 器に盛り付け、ブロッコリーを飾って出来上がり。

大根と人参の和風サラダ

献立への思い

f:id:aripon214:20191012184110p:plain

和風といいつつごま油使います。

大根と人参はピーラーで剥いて食べやすくしました。

薄く切るのも面倒くさいですし。

味はしっかり、でもさっぱりです。 

材料・分量 (10人前)

  • 大根       400g         
  • 人参       50g
  • 水菜       50g
  • しらす      50g
  • ごま油      20g
  • 濃口醤油     20g
  • 酢        45g
  • 砂糖       5g
  • ごま油      30g

作成方法

下処理
  1. 大根、人参は皮を剥き、ピーラーで剥き、水にさらし、5cm幅に切る。
  2. 水菜は5cm幅に切る。
  3. 醤油、酢、砂糖、ごま油を合わせる。
加熱工程~仕上げ
  1. フライパンにごま油を入れ、しらすを加え炒める。
  2. 器にしっかり水気を切った、大根、人参、水菜、炒めたしらすを盛り、ドレッシングをかけて出来上がり。

 

毎回のレシピ作りのポイント4つ

  •  手間暇かけていること
  •  大人も子供も「おいしい」と感じること
  •  季節を感じること
  •  衛生上問題ないこと           

詳細はこちらに記載しています。

ご覧いただけるとうれしいです。

www.ariponyukihiro.work

 

ランキング参加しております。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング