カレー工房 和KAZUの運営とこども食堂の考察ブログ

2020年2月~川崎の溝口、ノクチラボでカレー工房 和KAZUを運営しています。こども食堂を月に1回、川崎のプラザ橘で運営しています。間借りカレーとこども食堂の運営をお伝えしてまいります。

2020年7月 子ども食堂実施報告 メニューは「鰯フライ」に「もろこし香る卵焼き」などなど

 最近の実施報告はこちら

www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work

 

2020年7月 子ども食堂実施報告

今日も14時半から料理開始です。

段取りよく、皆で準備を進めていきます。

今日のボランティア参加者は全部で6人、いつもの半分くらいです。

コロナの影響、仕方ないですね。

今日は夏の素材のお弁当

メニューはこちらです。

  • 鰯フライ
  • ひじきつくね
  • もろこし香る卵焼き
  • 茄子と南瓜の南蛮酢
  • 枝豆ごはん

 今回からお弁当での提供です。

汁物は無くして、おかずを一品増やしました。

お肉とお魚は一品ずつ入れたいなと思い入れてます。

ご飯は毎回炊き込みご飯か混ぜご飯にしてみようかなと。

今回は喜んでもらえるかしら。

毎回のレシピ作りのポイント4つ

  •  手間暇かけていること
  •  大人も子供も「おいしい」と感じること
  •  季節を感じること
  •  衛生上問題ないこと           

詳細はこちらに記載しています。

ご覧いただけるとうれしいです。

www.ariponyukihiro.work

作成風景

枝豆ご飯の枝豆は、地元農家さんのとれたてです。

一粒が大きいです。

f:id:aripon214:20200715175739j:image

 さっとゆでて豆を取り出していきます。

f:id:aripon214:20200715175732j:image

 鮮やかな緑。

次は南瓜です。

切って油で揚げていきます。

f:id:aripon214:20200715175717j:image

 

f:id:aripon214:20200715175708j:image

 ひじき入り鶏つくね。

戻したひじき、鶏ひき肉、塩こうじ、いりごま、マヨネーズで味付けです。

f:id:aripon214:20200715175634j:image

 大葉につけて焼いていきます。

香りがいいですね、大葉。

f:id:aripon214:20200715175624j:image

 次は卵焼きです。

卵にコーンクリームを入れます。

他には何も入れません。

ほんのり塩味と優しい甘味が加わります。

f:id:aripon214:20200715175646j:image

 卵60個。

f:id:aripon214:20200715175611j:image

 丁寧に巻いていきます。

f:id:aripon214:20200715175603j:image

 全部で20本くらい巻きました。

鰯を魚屋さんできれいにおろしてもらってます。

さすがプロ、きれい。

f:id:aripon214:20200715175544j:image

 塩コショウしてパン粉付け。

f:id:aripon214:20200715175536j:image

 きれいに揚がりました。

半分カットで食べやすくします。

f:id:aripon214:20200715175526j:image

 出来上がりました。

ゼリー付き。

f:id:aripon214:20200715175515j:image

 

今回からすべて予約制。

来ていただいた方43名様。

静かな食卓でした。

1~2年はこの状況ですかね。

 

 

次回はまた来月

メニューは考え中です。

また、心を込めて作ります。

 

↓私たちが運営している子ども食堂です。

毎月第3水曜日に 実施しています。

カレー工房 和KAZU 

LINE公式アカウントです。

友達登録お願いいたします。

f:id:aripon214:20200211165013p:plainf:id:aripon214:20200211164613j:plain

↓をクリック

友だち追加