子ども食堂と飲食店運営の考察ブログ

給食会社で人材育成を担当している、3児の父です。子ども食堂を月に1回、神奈川県の川崎市で運営しています。子ども食堂の運営、飲食店での独立を考察しつつ、食についてお伝えしてまいります。

川越市 サラッとした店主の優しさ感じるカレー「カレー食堂 ぽか羅」

最近行ったカレー屋さん

www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work

カレー食堂 ぽか羅

今日はカレーの勉強です。

「カレー食堂〇〇」

の店名にしようかどうか悩んでいるところです。

食堂は入れたいんです。

あとは何を売っているのかわかること。

何故カレーなのかは、子供が好きな料理だから

昼はカレー専門店。

夜はカレーも食べられる食堂。

月に2回から4回、子供食堂。

地域に必要とされる食堂。

もっとコンセプトを考えなければ。

今日はこちらで勉強です。

川越市駅から徒歩5分ほど

人通りはあまり無い感じの場所にありました。

カレーの香りが店外まで漂ってきます。

f:id:aripon214:20191209145318j:image

メニューは店外に掲示されてました。

チキンカレーがベースのようです。

野菜カレーかチキン野菜カレーか迷いながら、早速店内へ。

f:id:aripon214:20191209194721j:image

店内は狭いです。

10席ほどでしょうか。

テーブル席が4席と、カウンター席が6席かな。

厨房も狭めな感じ。

お水が運ばれてきまして、野菜カレーを注文。

f:id:aripon214:20191209145307j:image

カウンターの上には、スパイスがぶら下がってました。

クミン、カルダモン、ブラックペッパー、いろいろあります。

帆立の貝柱もありました。

f:id:aripon214:20191209145255j:image

フェンネルもあります。

f:id:aripon214:20191209145247j:image

大根の辛い漬物と、しその実漬が来ました。

後で入れてみよう。

f:id:aripon214:20191209145237j:image

待つこと5分ほど、コーヒーが到着。

100円で付けられます。

有難い。

f:id:aripon214:20191209145228j:image

続いてサラダ。

彩りがいいですね。

揚げたオニオンでしょうか、食感がいい。

f:id:aripon214:20191209145219j:image

そして来ました。

野菜カレー(980円)

f:id:aripon214:20191209145211j:image

綺麗です。

サフランライスの黄色とトマトの赤、オクラの緑が映えます。

他にも丁寧な仕事をしたいっぱいの野菜。

野菜は全部素揚げにしてしまう店もある中、一つ一つその素材に合った調理をしています

うれしいですね。

きっと主人は心優しき人でしょう。

ちょっと時間がかかりますが、納得。

ルウ自体は辛くないですが、途中で食べた大根の漬け物がビックリするくらい辛いです。

メリハリ。

意表を突かれました。

まさか大根でこんな刺激がくるとは。

付け合わせを辛くしとけばお客さんが勝手に調整できますし、これマネしたいと思います。

美味しかったです。

店舗紹介

店名 ぽか羅
住所 埼玉県川越市中原町2−14−12
電話番号 049-226-3255
営業時間 [月~金] 11:30~14:15、17:30~20:45
[土・祝] 11:30~15:00、17:30~20:30
[日] 11:30~15:30
店休日 水曜日、第一・第三・第五火曜日
HP http://pokhara.99ing.net/

 

おすすめ度

☆☆☆☆

飲食店運営考察

常連さんに愛されているんだろうなと感じるお店でした。

その一皿にこだわりを乗せて、お店の空間に思いも込める。

飲食店の醍醐味。

常連さんに愛されるお店は、こだわりと思いがある。

私もあふれるほど詰めたいと思いました。

ありがとうございました。

 

ランキング参加しております。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング