子ども食堂と飲食店運営の考察ブログ

給食会社で人材育成を担当している、3児の父です。子ども食堂を月に1回、神奈川県の川崎市で運営しています。子ども食堂の運営、飲食店での独立を考察しつつ、食についてお伝えしてまいります。

田町 濃厚なルウと大き目ビーフ 「カレーキッチン コロンブス」

田町駅付近のお店はこちら

www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work

カレーキッチン コロンブス

今日は田町でカレーの勉強です。

毎週のカレー作りと、食べ歩きでカレーの経験値を積んでいる今日この頃。

だいぶレベルも上がってきております。

私が作りたいカレーのキーワードは健康です。

毎日食べて、体の健康が維持、向上できる、それが理想です。

美味しいものは、塩味と脂を入れれば成り立ちます。

脂と塩はうまいと感じる、これは人間なんで変えられないことです。

いかに脂と塩を控えつつ、おいしいと感じてもらえるかが、腕の見せ所なんです。

たゆまぬ勉強!

今日はこちらで勉強です。

田町駅から徒歩5分ほど

古くからある建物でしょうか。

結構ねんきが入った感じです。

お店に入ろうとしたらウーバーの方が取りに来ていました。

最近どんどん増えていますね。

f:id:aripon214:20191126125535j:image

いろんな種類があります。

野菜が多めですね。

私は欧風カレーを研究中なので下の方にあるビーフカレーがお目当て。

f:id:aripon214:20191126125526j:image

チキンとビーフのあいがけカレーもあります。

f:id:aripon214:20191126125513j:image

1100円の価格設定は妥当なのでしょうか。

早速店内へ入ります。

入口入ってすぐに券売機があります。

まずは食券購入です。

店員さんは3人程いらっしゃいました。

一人に渡します。

店内の様子はこんな感じ。

f:id:aripon214:20191126125503j:image

ちょっと雑多かな。

テーブルには箸休めがいろいろ。

福神漬け、らっきょう、アチャール、黒にんにくソース。

この容器ってカレー屋さんでよく見るけど、使いにくいんですよね。

f:id:aripon214:20191126125452j:image

キョロキョロしてたらすぐきました。

待つこと2分ほどでしょうか。

速いです。

ビーフカレー(1350円)

f:id:aripon214:20191126125442j:image

お肉がゴロゴロです。

40g~50gくらいあるでしょうか。

大きいのが入っているの、うれしいなぁ。

f:id:aripon214:20191126125428j:image

ルウは濃厚です。

バターとにんにくでしょうか、しっかり効いています。

脂が強めです。

ご飯とよく合います。

そしてお肉もホロホロ。

スプーンでちぎれます。

このスプーン。

食べやすいです。

f:id:aripon214:20191126125547j:image

 平らなスプーン。

食べやすさの考慮は有り難いですね。

店舗紹介

店名 カレーキッチン コロンブス
住所 東京都港区24 芝5丁目24−12 第1共英ビル 1F
電話番号 050-6435-4311
営業時間 11:00~15:00 17:00〜21:00
店休日 日曜日・祝日
HP https://japanese-curry-restaurant-218.business.site/


おすすめ度

☆☆☆☆

飲食店運営考察

 

濃厚にしていくにはやはり脂ですね。

ただ、食べ終わって店をでると、少々もたれた感じになる。

年を重ねるとこれがつらいかなぁ。

コクがありつつ、旨味があるようにするにはまた一考必要です。

あと、店内の床掃除は毎日しないとなぁと感じました。

ルーティーン。

ありがとうございました。

 

ランキング参加しております。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング