子ども食堂と飲食店運営の考察ブログ

給食会社で人材育成を担当している、3児の父です。子ども食堂を月に1回、神奈川県の川崎市で運営しています。子ども食堂の運営、飲食店での独立を考察しつつ、食についてお伝えしてまいります。

吉祥寺 ハンバーグ愛が伝わる仕掛けと丁寧な接客「山本のハンバーグ」

関連記事はこちら。

www.ariponyukihiro.work

山本のハンバーグ

今日は吉祥寺に来ました。

ハンバーグの勉強です。

ハンバーグと言えば、ハンバーグ一本で営業しているこのお店に行かないわけにはいきません。

昔は「俺のハンバーグ 山本」という店名だったのではないかと思います。

変えたんですね。

吉祥寺駅から徒歩10分ほどのところにあります。

f:id:aripon214:20191017120552j:image

メニューボードです。

f:id:aripon214:20191017120604j:image

おいしそうなハンバーグのメニューがいろいろとあります。

「ハンバーグハヤシ」 、「ハンバーググラタン」いろいろと考えるもんですね。

メニューを見ていたら店内へ通されました。

感じのいい店員さん。

f:id:aripon214:20191017120616j:image

店内は30席ほど。

居心地よさそうなソファー席もあります。

すぐにメニュー冊子を持ってきてくれました。

f:id:aripon214:20191017120633j:image

どれもおいしそうなハンバーグばかり。

ただ少々お高め。

山本のハンバーグにしようかと思いましたが、1850円はちょっとサラリーマンのランチには高いかなぁ。

ほそびきハンバーグのセットにしました。

f:id:aripon214:20191017120648j:image

冊子をそのまま置いといてもらい、読み込んでいきます。

いろいろとハンバーグへの思いが綴られています。

こういうの好きです。

テーブルに置きっぱなしでいいのではないでしょうか。

まずは食べ方。

  • 先にお野菜を食べるべし
  • 自己流に楽しむべし
  • 安心して食べるべし

ご飯は食べ放題なんですね。

若い人にはいいですね。

f:id:aripon214:20191017120711j:image

「山本のハンバーグは「街」に合わせた個性があります。

複数店舗展開しているんですね。

そのお店一つ一つ個性があるようです。

これからは今までのチェーン店の展開手法はまた違ってくるのかもしれません。

f:id:aripon214:20191017120728j:image

ハンバーグというごちそう

f:id:aripon214:20191017120838j:image

 子供のころ、「今日はハンバーグよ」という母の声と共に食卓に登場する一皿

そうですよね。

子どもにとってハンバーグは何よりのごちそう。

ワクワク感。

想いが素敵です。

共感します。

f:id:aripon214:20191017120859j:image

10店舗以上あるんですね。

恵比寿店が本店です。

体想いのジュース

料理を頼むとすぐにジュースとサラダが来ます。

店員さんが持ってきてくれたこのフルーツと野菜のかご。

f:id:aripon214:20191017120914j:image

いちじく、柿、コールラビ、いろいろな果物や野菜が入っているそうです。

コールラビなんて珍しいですね。

ジュースはサッパリ、飲みやすいです。

少々苦味があり、大人向けにちょうどいい。

サラダはこちら。

f:id:aripon214:20191017120944j:image

ルッコラがいいです。

私好きなんです、ルッコラ。

サラダを食べつつ、ハンバーグが焼けるのを待ちます。

「俺カード」

ポイントカードもあるようです。

f:id:aripon214:20191017121000j:image

ハンバーグ屋さんでは珍しく、お箸だけ用意されていました。

お箸で切れるくらい柔らかいということでしょうか。

f:id:aripon214:20191017121019j:image

そうこうしているうちに到着です。

待ち時間は7~8分くらいでしょうか。

ほそびきハンバーグセット(1280円)

f:id:aripon214:20191017121039j:image

 デミグラスソースがたっぷり。

そしてハンバーグ、切っていないのに肉汁があふれてきます

見えますでしょうか。

肉汁があふれてくる!

f:id:aripon214:20191017121050j:image

 肉汁が流れる道があります。

ちょっと割ってみました。

断面はこちらです。

f:id:aripon214:20191017121107j:image

 ハンバーグはすごく柔らかいです。

お箸で簡単に切れます。

そしてジューシー。

デミグラスソースもおいしい。

付け合わせのブロッコリーや茄子、ポテトサラダ、スパゲティもそれぞれにおいしいんです。

最近じゃあ付け合わせと言えば、冷凍のポテトやインゲンが多いですからね。

付け合わせがおいしければ、本体もおいしい。

ご飯、みそ汁も美味。

f:id:aripon214:20191017121129j:imagef:id:aripon214:20191017121117j:image

飲食店運営考察

 

料理への愛情がたっぷり感じられる一皿でした。

ハンバーグはもちろん、お皿の上にあるもの全て。

こだわりを伝える冊子も素敵です。

テーブルに置いて、もっと見てもらえるよういしてほしいなぁ。

そして店員さんが自分たちが提供している料理を誇りに思っている姿勢が節々に伝わってきました。

お店を一人一人が盛り立てている感じ。

帰り際、テーブルで会計し出ていくのですが、キッチン含めて店員さん5人程、皆がみんなこっちを笑顔で向いて「ありがとうございました~」と言ってくれました。

料理もおいしくて接客も良ければまた来たいと思うのは必然。

また来たくなるお店です。

ただ、サラリーマンのランチにはちょっとお高め・・

ごちそうさまでした。

 店舗紹介

店名 山本のハンバーグ 吉祥寺
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-4 吉祥寺井野ビル1F
電話番号 0422-27-2761
営業時間 【平日】
11:00~15:00(L.O. 14:30)
17:00~22:00(L.O. 21:30)
【土・日・祝日】
11:00~22:00(L.O21:30)
店休日 なし
HP http://www.yamahan.tokyo

おすすめ度

☆☆☆☆☆

 

ランキング参加しております。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング