カレー工房 和KAZUの運営とこども食堂の考察ブログ

2020年2月~川崎の溝口、ノクチラボでカレー工房 和KAZUを運営しています。こども食堂を月に1回、川崎のプラザ橘で運営しています。間借りカレーとこども食堂の運営をお伝えしてまいります。

2021年3月 子ども食堂実施報告 唐揚げの甘辛煮

 最近の実施報告はこちら

www.ariponyukihiro.work

 

2021年3月 子ども食堂実施報告

私は日頃、サラリーマンをしております。

中間管理職です。

先日、年度末の評価面談が上司からありました。

結論、ひどい面談。

こちらのモチベーションはだだ下がり。

何がひどかったのか。

・褒めない

・よく見てないのに予測で話す

・自分の言葉で喋らない

子育てに繋がります。

 

頑張ったら承認、本人以上に喜ぶ。

承認すると正しい行動だったと認識できますよね。正しい行動の継続につながる。

想像の範疇はその人の域を出ません。

事実に対してどうなのかを話してほしいもの。

観察は基本中の基本ですね。

私の意見は何か、誰かの評価ではなく、自分が感じている事を等身大で話すことが大事。

 

結局、他人からの話しで人は動きません。

同じ目線で、同じ景色をカラーで見てるか、

それが前提であり、伴走していくことが上に立つものに必要。

親、上司も人を育てる役割ですから。

 

先日、真ん中の子が小学校を卒業しました。

『困っている人を助ける人になる』

落ち着いた声、卒業式で発言。

いつのまにか、しっかり成長していたんだと、感動。

親として育てる期間はあと10年程。

この期間を大事にしたいと思います。

 

今回から手作りお弁当の配布。

作れることの喜びを感じます。

 

 地元農家さんの、川崎名産のらぼう菜

茹でて春雨サラダに入れます。

香り、食感がいいですね。

f:id:aripon214:20210321092026j:image

 人参は千切り、これも春雨サラダ。

f:id:aripon214:20210321092013j:image

 

f:id:aripon214:20210321091912j:image

 唐揚げ、下味付けて揚げます。

f:id:aripon214:20210321091927j:image

 甘辛ダレ。

f:id:aripon214:20210321091953j:image

 60人前なのでバット4個分と多いですね。 

f:id:aripon214:20210321091904j:image

 

 出来上がり

f:id:aripon214:20210321091849j:image

 

継続していくことに賛否両論ありました。

幼少期、私は心優しいご近所さんに助けられて育ちました。

当時、私たち親子が今のこの環境と同じ状況だったらどうだったのか。

ご飯食べて、生活するのに精一杯だった。

マスク代だってかかります。

今大人になり、継続することの一択しかないと思いました。

早くこの状況が落ち着き、人とのつながりがしっかりある世の中になるようにしたい。

今は辛抱の時ですね。

 

 

 東京新聞に掲載されました。

www.ariponyukihiro.work

 

↓私たちが運営している子ども食堂です。

毎月第3水曜日に 実施しています。

カレー工房 和KAZU 

LINE公式アカウントです。

友達登録お願いいたします。

f:id:aripon214:20200211165013p:plainf:id:aripon214:20200211164613j:plain

↓をクリック

友だち追加