子ども食堂と飲食店運営の考察ブログ

給食会社で人材育成を担当している、3児の父です。子ども食堂を月に1回、神奈川県の川崎市で運営しています。子ども食堂の運営、飲食店での独立を考察しつつ、食についてお伝えしてまいります。

串揚げバイキング 接客が必要ない飲食店 ららぽーと横浜の「串家物語」

今日は家族サービス。

みんな買い物が好きなので、ららぽーと横浜に行くと喜びます。

車停めるのも一苦労、時間が少しでも遅くなると駐車場込んじゃって大変。

行くのも大変、中は人混みがすごい。

今日もいっぱいいるなぁ、みんな買い物好きですね。

ららぽーと横浜の串家物語

10時30分くらいに到着し、お買い物は後回しにし真っ先にお店へ。

人だかりがもう出来てました。

早速入店待ちリストに名前を書いて待ちます。

外観

f:id:aripon214:20190714212139j:plain

今日はタピオカドリンクがドリンクバーを頼むと飲めるということで、娘にせがまれ

まして、頼むことにしました。

開店の11時、1番目の人から名前を呼ばれ、皆さん店内へ。

私たちも10番目くらいでしたがすぐ呼ばれ、店員さんの案内で広めな席へ、ちょっと

ラッキーです。

『当店のシステムはご存知でしょうか?』

店員さんに聞かれました。何回か来てるので知っています。

『大丈夫です👌』

ささっと去っていく店員さん。

皆でいろいろ取りに行きました。

料理写真

f:id:aripon214:20190714212145j:image

野菜多めで、健康に少々気を使ってみます。

前提が揚げ物ですけど。

れんこんが好きです。歯ごたえがいいですよね。

ヤングコーンも好き。

f:id:aripon214:20190714212329j:image

1つ1つの素材のカットがちゃんと計算されたサイズです。

お客さんに調理させるとなると、怖いのが安全性ですね。

生焼けだったら食中毒に繋がってしまいます。

生肉や生のイカ、エビなど、スモールサイズです。

特にイカは2cm以上無いです。

感心しちゃう。

鶏モモを揚げて、カレーを持ってきて、カツカレーにして食べました。

大人用のもう少し辛みのあるカレーがあると有難いですが、欲張りですね。

f:id:aripon214:20190714212258j:image

タピオカドリンクもありました。

こちらはもう少し改良が必要です。

娘は少々がっかりしていました。他のタピオカ有名店と比較してはいけないですね。

f:id:aripon214:20190714212338j:image

デザートはソフトクリーム。

メープルシロップがあったのでかけながら。甘っ。

マンゴーフェアだったのでミニケーキもいただきました。

う~ん、太ってしまう。

感想

最後に、ホットコーヒーを飲みながらふと思いました。

店員さんをほぼ見てない。

店内に見当たらないです。

こんなにお客さんがいるのに。

最初だけ説明タイムがありましたが、それだけです。

バイキングってこんな感じですよね。

よくできた仕組みです。

この仕組みが世の中に通用している、今の間はいいですけどね。

世の中の要求の変化に対応できるか。

接客が必要になったら、変化への対応には時間がかかります。

教育が必要ですから。

教育は時間がかかる。

この先の世の中は、人相手の仕事が主になると思います。

人と人との繋がりをもっと意識して生きていかねばです。

 

ランキング参加しております。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング