子ども食堂と飲食店運営の考察ブログ

給食会社で人材育成を担当している、3児の父です。子ども食堂を月に1回、神奈川県の川崎市で運営しています。子ども食堂の運営、飲食店での独立を考察しつつ、食についてお伝えしてまいります。

関内、伊勢佐木長者町 「和」を体感できるお店、香る醤油 「中華蕎麦 時雨」

 醤油ラーメンの名店はこちら
www.ariponyukihiro.work

www.ariponyukihiro.work

中華蕎麦 時雨

最近は毎週末、ラーメンとカレー作り。

鶏がらスープを取って、ラーメンとカレーの出し汁にしています。

ゆくゆくは子どもが好きなメニュー上位のラーメン、カレー、ハンバーグのお店を開業したいと考えています。

欲張りなのでどれかにしぼらなければいけないかもしれないですけどね。

もちろんどれも本格的で、無化学調味料の手作りで。

ラーメンは昔ながらの醤油。

カレーはビーフカレー。

グツグツ煮込みハンバーグ。

夜は週に2回~3回は子ども食堂をしたい。

まだまだ試作と、開業計画を練らなければいけない段階ですけどね。

そんなこんなで今日は醤油ラーメンの勉強です。

中華そばNEO 進化する醤油ラーメンの表現と技術

こんな本を買ったんです。

books.rakuten.co.jp

すごく勉強になります。

スープの取り方からチャーシューの作り方、麺の製法まで。

麺作りは遠いなぁ。

この本にこちらのお店が載っていました。

なんだか上品な中華そばです。

f:id:aripon214:20191108180831j:image

f:id:aripon214:20191108180841j:image

 

関内駅から徒歩5分ほど。

伊勢佐木長者町駅の方が近いです。

料理屋さんのような佇まい

入口はこんな感じです。

ラーメン屋さんとは思えない、和食の料理屋さんのような感じです。

こってますねぇ。

 f:id:aripon214:20191108111228j:image

 こちらは看板。

f:id:aripon214:20191108111218j:image

 入口はこんな感じ。

f:id:aripon214:20191108111207j:image

外食する楽しみ、ワクワク感を感じます。

店主のこだわり、気遣いがたくさん詰め込まれたお店なのでは?と期待させます。

f:id:aripon214:20191108111159j:image

早速店内へ。

ゆったり席の店内

お店を入ると左手に券売機があります。

まずは食券を購入。

店員さんの「いらっしゃいませ~」が優しく心地いいです。

安心感があります。

中華蕎麦をチョイスし、カウンター席へ着席。

お水はセルフサービスです。

こちらはお水。

カウンター上にウォーターサーバーがあります。

f:id:aripon214:20191108111141j:image

店主の手さばきが見れて楽しいです。

カウンターはいいですね。

f:id:aripon214:20191108111148j:plain

木で統一された店内。

清掃も行届いており、居心地がいい。

そして席の幅が広いです。

3人座れそうなところ、2人で座っている感じです。

有り難い。

厨房の上には神棚がありました。

店主の心根を感じます。

待つこと6~7分でしょうか。

きました。

中華蕎麦(880円)

f:id:aripon214:20191108114341j:image

お盆に乗ってきます。

美しい。

そして中華蕎麦です。

f:id:aripon214:20191108114358j:image

八幡巻きがいます。

珍しいですね。

手間が大変かと思います。

八幡巻きの由来や意味がこちらにありました。

macaro-ni.jp

神棚といい、八幡巻きといい、日本料理屋さん的な佇まいといい、和の文化を感じます

日本人として大切なこと、秘められた思いを感じます。

感心しつつ、「いただきます!」

f:id:aripon214:20191108114407j:image

香りがいいですね。

いろんな素材の味がします。

やはりバランスですね。

麺はツルツルです。

やっぱり醤油ラーメンには細めのストレート麺が合いますね。

チャーシューも低温調理でしょうか、柔らかい。

八幡巻きもごぼうの香りと食感がいい。

スープも余すことなく飲み干してしまいました。

飲み終えた後、お水は必要ないですね。

余韻を感じていたい一杯でした。

「ごちそうさまでした。」

飲食店運営考察

「和」を感じるお店でした。

中華蕎麦1杯を食べに来たわけですが、店主の思いを、外観から店内そして中華蕎麦、このお店にいる30分ほどの時間で体感することができました。

外食をすることの醍醐味を感じた時間でした。

ありがとうございます。

店舗紹介

店名 中華蕎麦 時雨
住所 神奈川県横浜市中区不老町2丁目10−5
電話番号 045-264-4809
営業時間 【月、火、木、金曜】11:00〜14:00
18:00〜21:00
【水、土曜、祝日】11:00〜14:00
(スープ売り切れ次第終了)
店休日 日曜

おすすめ度

☆☆☆☆☆

 

ランキング参加しております。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング