カレー工房 和KAZUの運営とこども食堂の考察ブログ

2020年2月~川崎の溝口、ノクチラボでカレー工房 和KAZUを運営しています。こども食堂を月に1回、川崎のプラザ橘で運営しています。間借りカレーとこども食堂の運営をお伝えしてまいります。

武蔵溝口 ノクチラボに新規出店 「カレー工房 和KAZU 」 どんなカレーか

カレー工房 和KAZU の過去記事はこちら

www.ariponyukihiro.work

 まごわやさしいカレー

まごわやさしい

ご存知でしょうか。

www.olive-hitomawashi.com

まごわやさしい、から始まる食材を毎日食べると健康でいられるとのこと。

基本的な和食には含まれてます。

ま 豆

ご ごま

わ わかめ 海藻

や 野菜

さ 魚

し 椎茸 きのこ

い 芋

ご飯、味噌汁、香の物、魚が主菜で副菜があれば、だいたい入ってます。

でもこの食事を毎日食べることができていない日本人は多いようです。

私もそうかな。

今の時代、昔ながらの家庭料理は贅沢品なのかもしれません。

裕福な国でありながら、豊かではないのかも。

せわしない、のかな。

 

健康で、心豊かでいられるように、

私のカレーには、まごわやさしい、を入れて作りました

心の豊かさは、一回の食事だけだと難しい。

何回も食べてくれるように、ほっとする味に仕上げました。

だからスパイスは強くありません。

ほどほどに、まとめ役として使ってます。

出汁

牛、鶏、の動物系のスープと、鰹、昆布、煮干し等の魚介系のスープのダブルスープ。

コトコト煮出します。

飴色玉ねぎ

 たくさんの玉ねぎを飴色に仕上げます。

リンゴやバナナ等のフルーツも加え、甘味をプラス。

スパイス

スパイスは10種類ほど。

辛さ、刺激は控えめにしています。

子どもも大人も、みんなで食べておいしいと思ってほしいから。

辛さはちょっとだけ。

 

全部合わせて煮込みます。

隠し味は、まごわやさしいから始まる食材。

健康でいてほしい。

健康は活力ですからね。

↓こんなこと考えながら煮込んでます。

 

ま 毎日食べておいしい

ご 御馳走ではなく安心感

わ わがままを包んでくれる母のように

や 優しさと愛情たっぷり

さ 寒い日、暑い日、どんなときも

し 四季を感じて

い いつでもほっとする

 

そんなカレーができました。

 

次回は、おすすめトッピングについてです。

f:id:aripon214:20200211174847j:plain

 

カレー工房 和KAZU 

LINE公式アカウントです。

友達登録お願いいたします。

f:id:aripon214:20200211165013p:plainf:id:aripon214:20200211164613j:plain

↓をクリック

友だち追加

  

 ↓私たちが運営している子ども食堂です。

川崎のプラザ橘で、毎月第3水曜日に 実施しています。