子ども食堂と飲食店運営の考察ブログ

給食会社で人材育成を担当している、3児の父です。子ども食堂を月に1回、神奈川県の川崎市で運営しています。子ども食堂の運営、飲食店での独立を考察しつつ、食についてお伝えしてまいります。

ファミリーマートお母さん食堂 「ピリ旨!スパイシージャンバラヤ」

ピリ旨!スパイシージャンバラヤ

お昼ご飯を何にしようかと迷っていたんです。

周りに飲食店もないですし、コンビニ弁当にしようかと、ファミリーマートに来ました。

ファミリーマート記事はこちら

www.ariponyukihiro.work

お弁当コーナーを見ているといろいろありますねぇ。

男性向けのガッツリ系のものから、女性向けの健康志向のものまで。

ただなんか心惹かれなかったんです。

んでちょっとウロウロ。

角っこの冷凍庫コーナーにお母さん食堂シリーズを見つけました。

www.family.co.jp

麻婆丼、ジャージャー麺、ジャンバラヤ、とあり、どれにしようか迷ったんですが、スパイシーが気になりましたので、ジャンバラヤにしました。

冷凍庫から手に取り、レジへ向かい温めてもらいました。

サルサソースとタンドリーチキン風唐揚げを合わせたジャンバラヤ

ものはこんな感じです。

黒いピラフにサルサソース。

少々辛さがあるトマトソースですね。

鶏肉とブロッコリーが乗って、彩にコーンが散らばっています。

味はどんな感じなんでしょうか。

ちなみに403円です。

f:id:aripon214:20191103120452j:image

裏面です。

f:id:aripon214:20191103120434j:image

チリペッパー、ガーリックオイル、タンドリーペーストと、ジャンバラヤ風な原材料が並びます。

f:id:aripon214:20191103120329j:image

カロリーは564kcal

結構あります。

盛り付けはパッケージ通りの高レベル

袋から出した状態です。

ラップフィルムが貼られています。

f:id:aripon214:20191103120316j:image

フィルムを取った状態。

f:id:aripon214:20191103120306j:image

盛り付けの見栄えはほぼパッケージの写真と同じです。

再現性素晴らしい

味はどうでしょうかね。

f:id:aripon214:20191103120256j:image

鶏肉は2切れ。

しっかり焼かれた状態です。

スプーンですくってみました。

f:id:aripon214:20191103120134j:image

スプーンからはみ出るくらいの大きさです。

30g〜40gくらいあるでしょうか。

採点

↓上から目線で点数つけてみました。

味             9点

見た目     10点

香り         9点

音             8点

歯ごたえ  9点

合計      45点 

評価

味は、しっかりスパイシーです。

www.bras-de-chef.com

ケイジャン料理の一つらしいですね。

スペインが発祥でアメリカで発展したみたいです。

ピラフにしっかりケイジャンスパイスが効いてます。

食べ終わって長いことニンニクが残るのが難点。

見た目は、パッケージの通りのものが入ってます。

再現性高いですね。

香りは、スパイシーな香りとトマトが混ざり合って食欲そそります。

音は、特にはないです、モグモグ。

歯ごたえは、鶏肉も歯ごたえがしっかりあり、パラパラのピラフとの食感の違いも感じられていいですよ。

 

商品開発者の方々、毎日の試作、並びに試食、大変かと思いますが、良い商品をお待ちしております。

 

ランキング参加しております。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング