子ども食堂と飲食店運営の考察ブログ

給食会社で人材育成を担当している、3児の父です。子ども食堂を月に1回、神奈川県の川崎市で運営しています。子ども食堂の運営、飲食店での独立を考察しつつ、食についてお伝えしてまいります。

調布 煮干しが主張しすぎない調和のとれたスープ 「たけちゃん にぼしらーめん」

たけちゃん にぼしらーめん

今日は調布に来ました。

鶏がらスープを毎週作成しています。

カレー用とラーメン用と併用できるものです。

煮干しやかつお節、鯖節等を入れるか迷うところなんです。

和風のものを入れるとカレーと合わないような、ただラーメンには少し入れた方が日本人にはいいような、決めかねています。

今日はスープの勉強です。

こちらです。

f:id:aripon214:20191029125805j:image

煮干しの使い方は煮干しを売りにしているところに行けばわかりますもんね。

醤油、塩、つけ麺があります。

シンプルな盛り付けです。

f:id:aripon214:20191029125754j:image

醤油ラーメンに目星を付けつつ店内へ。

店内はカウンター12~14席ほどの細長です。

テーブル席が2つ。

まずは食券を購入します。

f:id:aripon214:20191029125744j:image

スペシャルラーメンの大盛にしました。

大盛がお昼は無料のようです。

有り難い。

カウンター席が空いていたのですぐに案内していただきました。

店内をキョロキョロ。 

f:id:aripon214:20191029125733j:image

まねき猫いっぱいいました。

カウンター上には芸能人のサイン色紙がたくさんあります。

f:id:aripon214:20191029125721j:image

優しい笑顔の初代

古い写真が飾られています。

f:id:aripon214:20191029125707j:image

www.chikaranomoto.jp

車1台の屋台から始めたようですね。

なんか心根の優しい人の感じがします。

きっとラーメンも優しい味なのでしょう。

そうこうしているうちに、5分くらいでしょうか。

到着しました。

スペシャルラーメン(970円)

なるとがのっています。

最近見なくなりましたね。

昔ながらな感じです。

f:id:aripon214:20191029125609j:image

煮干しの香りが漂います。

麺はストレートです。

f:id:aripon214:20191029125552j:image

香る煮干しはそこまで主張しません。

いろいろな素材の掛け算がされたスープ。

このスープとこの麺と、とても合っています。

チャーシューもとろける柔らかさ。

1杯食べ終わって大満足。

ほっとする味ってこういうのをいうんだと思いました。

ごちそうさまでした。

飲食店運営考察

最近流行りの煮干し感強めのラーメンとは全然違います。

素材のバランスを意識し、スープを構成する要素の一つであることを煮干しやその他の食材がわかっている使い方です。

世代を超えて愛される味、また食べたくなる味なんだと思います。

店舗紹介

店名 たけちゃん にぼしらーめん
住所 東京都調布市布田1丁目47−1 辰巳ビル 1F
電話番号 03-6435-0774
営業時間 [月〜土]
11:30~23:30(L.O.23:15)
[日]
11:30〜21:30(L.O.21:15頃)
店休日 なし
HP https://sites.google.com/view/takenibo

おすすめ度

☆☆☆☆☆ 

 

ランキング参加しております。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング