子ども食堂と飲食店運営の考察ブログ

給食会社で人材育成を担当している、3児の父です。子ども食堂を月に1回、神奈川県の川崎市で運営しています。子ども食堂の運営、飲食店での独立を考察しつつ、食についてお伝えしてまいります。

ステーキ丼 選べる楽しさあるけどね 「蒲田のTHE肉丼の店」

もうエアコンなしでは寝られなくなりましたね。

暑すぎるのか、蚊があまりいないような気もします。

昔ほど刺されていないような、気のせいでしょうか。

蒲田のTHE肉丼の店

今日は仕事終わりに蒲田の「THE肉丼の店」に行ってきました。

飲食店での独立を考えていまして、ステーキ丼がいいかなぁと安易に思っていたの

です。

実際にやっているお店を探してみたら結構あるもんですね。

職場の近くにありました。

期待に心躍らせながら向かいます。

外観

 f:id:aripon214:20190801222951j:plain

蒲田駅西口、徒歩5分、結構近いです。

少々わかりにくい感じではありますが。

お店の入り口には看板があり、いろいろな肉丼がありました。

  • 黒毛和牛A5サーロインステーキ丼 
  • レアローストビーフ丼
  • イチボステーキ丼
  • やわらかランプステーキ丼

 他にもいろいろな種類の肉丼が、並、大、メガ、と3種類用意されていました。

やはりメニュー数が多いとワクワク感がありますね。

見てるだけで楽しみが増すといいますか。

 

早速お店の中へ。

カウンターに6席と狭いお店でした。

食券を購入して、店員さんに渡すシステムです。

私は「やわらかランプステーキ丼」の並を選択。

店員さんに食券を渡し、待つことに。

どんな風に作っているのか、申し訳ないですがジロジロ見ます。

店員さんは一人、手際よくお肉を焼いていました。

やはり高温で、短時間で焼き上げてます。

お肉を焼く、良い香りが店内に充満してきます。

焼く時間はあっという間、2分くらいでしょうか、ササっと切り分け、器に盛られて

出てきました。 

料理写真

f:id:aripon214:20190801221447j:plain

 お肉は数えてみると15切れはありました。

いい色です。

感想

「いただきます!」

柔らかい。

にんにく醤油のソースと相性抜群です。

美味しいです。

 

ただですね。

食べ進めていくと、飽きるんですね。

美味しいんですけど、贅沢ですが単調なんです。

途中からにんにく醤油ソースの味しかしなくなってきます。

にんにくは主張しだしたら止まりませんもんね。

にんにくの使用料は控えないと、良い素材の味を打ち消してしまいます。

途中で味の変化を促すものとか、何かもう一声あるといいなと感じました。

 

気になったのは店の雰囲気。

店員さんが楽しそうじゃなかったかなぁ。

一杯の丼を食べて、そそくさと出ていく店でしたね。

吉野家と比較すると、一杯の丼を食べて、そそくさと出ていく店であることは同じ。

値段は吉野家、元気さも吉野家。

また来たいと思わせる要素がもう少し欲しかったですね。

吉野家は何回も行ってます。

 

美味しかったけど、また行くかは疑問。

大変申し訳ないですが、そう思ってしまいました。

お店の運営って難しいですね。

店舗紹介

店名 THE肉丼の店
住所 東京都大田区西蒲田7丁目5−5
第6菊地ビル1F
電話番号 03-6424-7077
営業時間 11:00〜23:00(LO.22:30)
店休日 無定休
HP http://niku-don.jp/
おすすめ度

☆☆☆

 

ランキング参加しております。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング